美容液

美容液の役割について

スキンケアに必須というわけではありませんが、使うと肌を劇的に変化させてくれるのが美容液です。 肌に水分を与えるのが化粧品の役目で、その水分を逃さないようにするのが乳液やクリームの役目です。 保湿成分などももちろん配合されていますが、保湿美容液はこれらの基礎化粧品に比べると保湿成分の含有量が桁違いに多いのです。 肌に良い栄養分がギュっと濃縮して配合されていますから、少量でもしっかりと肌に働きかけてくれます。 そのため、ニキビや毛穴の開き、小じわなどの肌の悩みを改善することができて、潤いのある肌になることができます。 保湿美容液はクリームと違って油分も少なめですから、べたつきを感じずに使用することができます。

乾燥を防ぐスキンケア

小じわや乾燥対策、シミの予防など、保湿力アップのために使用したいのが保湿美容液です。 普段のスキンケアに組み込むことで高い保湿効果を得ることができて、乾燥しらずの潤い肌になることができます。 洗顔後の肌は水分が蒸発しやすくなっていますから、すぐに化粧水を使って乾燥を防ぐようにしましょう。 たっぷりと水分を角質層に行き渡らせて、潤いを肌に与えるのが大切です。 そして、水分で角質を柔らかくした後には、メインとなる保湿力を高められる保湿美容液の出番です。 少量ずつ丁寧になじませてあげて、乾燥が気になる目元や口元には重ね付けすると効果的です。 最後にふたとして、乳液やクリームを使うようにしましょう。 油分が肌に膜を張ってくれて、水分や栄養分が逃げるのを守ってくれます。